猫のシッポBLOG

猫雑貨とフードのお店「猫のシッポ」が綴るブログです。

ネコは高低差で歌う。

Mariamichelle / Pixabay

 

素敵な写真をみつけたので使ってみた。もちろん我が家ではない。
いやさ、数年前まで北欧っぽい洋館に住んでいてね。
その時はこんな家具にしようかと一瞬は考えたわけなの。だけど、すぐに思いとどまった。
うちの猫たちは、きっとこんな内装を一日でダメにしてしまう(爆笑)。

 

家具と言えば、私は、ネコの遊び場としてロフトベッドをよく使う。
ほら。『ネコは上下運動が必要です。高低差のある家具を配置しましょう。』って、
いろんな本に書いてあるでしょ。
で、どこのおうちでも、キャットタワーを選んだりとか、壁に棚つけたりとか。
いろんな工夫をしてると思うんだ。

 

うん、それで。長年、あーでもないこーでもないと、よりよいものを模索し倒した結果、
私と私の猫たちに一番合うスタイルが、ロフトベッド。
但し、できるだけ頑丈で揺れなくてデッカイの。だったわけだね。

雰囲気としては、こんなのね。
高低差つけてみました。ドーンてw

実際、猫たちが追いかけっこして、
走り回って飛び降りるのに、
ちょうどいい床面積と高さがあって。

クッションが置けて、私も一緒に転がれて、
全部に手が届くから、掃除もむしろ楽で。

 

なにより一番、気に入っているのは、上の階に猫たちが並んで座ると
私より少しだけ目線が上になるっていうコト。

 

鈴なりに座ってる猫たちは、ほとんどグレーだから、一見、でっかい鳩みたいで。
その前にオモチャをもって立って、私は指揮者ごっこをする。

「はーい、みなさん、ご一緒に~」って、おもちゃを右。猫も右を向く。
「はーい、こっちへご一緒に~」って、おもちゃは左。猫も左を見る。
「はーーーーーーい、上っ!」って、おもちゃを真上にあげちゃうと、
なぜか、うちの猫たちはみんなで「ひゃっひゃっひゃっ」って鳴く。

はっきり言って『バカ人間 with 太めのニョロニョロたち』だ。
けれどこれがまた。
楽しくってやめられない。だって楽団みたいなんだもの。

 

ちなみに「ひゃっひゃっひゃっ」って鳴き方は、飛んでる虫や鳥を見つけた時もやってる。
獲物を見つけた合図だという説もあるらしいけど、私には
「届かにゃーーーい、捕れにゃーーーいっ!!」ってウズウズしてる声に聞こえる。

 

うーーーん。ムービー撮りたいんだけどね。
自分のあほぅな声まで入ってしまうんでね。
実際、撮れたとしても公開に踏み切るには勇気が要るよね(´・_・`)。
まぁ、ここまで書いといて、今更なんの勇気がいるの?って気もするけど。

 

ああ。話がそれちゃった。
ほどほど広めのお部屋があって、美観的に許されるならば、
ロフトベッドはなかなかいい高低差を作ってくれるよ。というお話だったのに。

 

-猫のシッポBLOG